所蔵作品案内

Collection

作品紹介

題名

「稲田の鶴」

約70年にわたる玉堂の画業のなかで、昭和初期の琳派を研究した時期の作品。背景には金を用い畔の表現にたらしこみの技法を見ることができる。一方、鶴を描く際には写実力はいかんなく発揮され、頭や脚の表現には鳥類の特徴が冴える。

別館のご案内